ホームへ

お問い合せ

英進商事-祭礼用品(御簾・社名旗・御輿)



【御簾(みす)(ぎょれん)】

宮殿や寺社で用いる『すだれ』です。

内と外を分ける意味をもち、その歴史は長く、

小倉百人一首の人物描写にも描かれています。

 

職人の手により、竹を黄色に染め、

周囲や上部に萌黄や金襴等で縁をつけ壮麗でありながら、

上品で落ち着きがある商品をご提供しております。

※御簾はご使用の場所に合わせてお作りしております。

御簾 misu

 

(取付例)

IMG_0173


【御(みとばり)】

神殿や拝殿内に御簾の代わりに取り付けられたり、御簾とともに取り付られることの多い御幌(みとばり)です。

平安時代、貴族の座所や寝室に調度としておかれた御帳台(みちょうだい)が元となっているとされています。

御幌(みとばり)のほか、御帳(みちょう)と呼ばれることもあります。

※御幌はご使用の場所に合わせてお作りしております。

DSC05681

123


【社名旗】

主に本殿や拝殿にご神体を囲むように飾られる旗です。

社名旗は経年により色落ちや生地が傷んできます。社名旗のみもお作りしていますので、

旗棒等がまだまだ使えるといった場合はご相談ください。

また、社名旗の土台の漆塗り直しも賜わっております。

社名旗

 

(社名旗台・修理例)

社名旗 台 修理

欠けているところはパテで埋め直し、全体に漆を塗りなおしました。

 


【御輿(みこし)】

祭礼の時など、普段は神社の中におられる神様を、氏子町内、御旅所などへ渡御される際に一時的に鎮まられる輿です。

青壮年が担ぐ「大人御輿」、女性が担ぐ「女御輿」、子供達が担ぐ「子供御輿」など、さまざまな種類があります。

当社は、御輿の販売から、修理、クリーニングなども行っておりますので、何かございましたらご相談ください。

 

(御輿クリーニング・修理例)

クリーニング前
御輿 クリーニング前
御輿 クリーニング前 修正版

全体的に金箔が剥がれ、朱色の巻綱も色が落ちています。

よくみてみると、大小のキズ、金箔の剥がれ、赤丸で囲ったような部品の欠落など、

長年使用され、くたびれたという印象をうけます。

 

クリーニング後
御輿 クリーニング後

漆を塗り、金箔を貼り直し、部品の修理・取替、

さらに、古くなり色の落ちた赤綱を新しく結び直しました。

クリーニング・修理することで新品同様に生まれ直します。

 


【神社錠】

しゅのぎ錠(お社を守る錠)として御扉(みとびら)(ご神体を納める扉)に使用される和錠です。主に使用されているのは次の2種類です。

1. 海老錠

2. 船型錠

※下の画像は海老錠です。

海老錠2